FC2ブログ
山梨大学教育人間科学部とパナソニックの共同研究で、

浄水を飲んでいる場合より、水素水を飲んでいる場合のほうが

体内の活性酸素による生体内のさんか40%低くなったと発表しました。

九州大学とパナソニックの、マウスを使った実験で、水素水を

与えると、活性酸素が減少し、脳細胞の破壊が抑制されたと

発表しました。パーキンソン病などの予防に

応用出来るのではないかと報告しています。

日本医科大学の太田教授がすでに肥満になったマウスを

使った実験で、肥満に至るまでに食べていた量と同じ量の

餌を与え続けても、水素水を飲ませていると、それ以上

体脂肪はさほど増えず、中性脂肪・血糖値も現状と

変わらなかったと報告しています。



スポンサーサイト




【2015/02/14 16:59】 | ヘルス&アンチエージェング
トラックバック(0) |